WordPressを使ってWEBサイト制作がしたい人、テーマ開発がしたい人におすすめ書籍

こんにちはオノです。

今回はWordPressを使って「WEBサイト制作がしてみたい」、「自分だけのオリジナルテーマを作ってみたい」という人向けに役立つ本を紹介します。

ちなみに、僕は本で学習して、以下のようなテーマを作ってみました。

WordPressテーマ「Pocket」を見てみる

作ってみた感想はこちら

WordPressでちょっとしたテーマを作ってみたのでその感想や難易度など

本を紹介する前に(重要)

WordPressのテーマ開発は、基本的ににあるHTML・CSS(・JS)のファイルをWordPressで使えるように変換していく作業です。

WordPress関連の書籍も、基本的にデザインのサンプルがあって、それをWordPressで使えるようにはどうすれば良いのかが解説されています。

つまり、「WordPressの勉強する=テーマが作れるようになる」わけではありません。

WordPressでテーマを作成する前に、あなた自身でHTML・CSSを使って画面をデザインし、JSを使って動きをつけたりできるようになっておく必要があります。

また、作ったデザインをWordPressで使えるようにするのに、PHPというプログラミング言語を使いますから、こちらの言語も理解しておく必要があります。

そのため、今回紹介する本はこれらの言語を十分に勉強した上で、読まれることをお勧めします。

WordPressの学習を始める前に必要な知識
  1. HTML
  2. CSS
  3. JavaScript(必要な場合)
  4. PHP(オブジェクト指向まで理解できていれば、good。)
HTML / CSSの学習におすすめの書籍【一度挫折した人にもおすすめ】

初心者におすすめの書籍:WordPress レッスンブック 5.x対応版

created by Rinker
ソシム
¥2,860 (2022/12/06 08:40:27時点 Amazon調べ-詳細)

こちらはステップ・バイ・ステップで1からショップ系のサイトを作っていきながらWordPress化の手順が学べる書籍です。

優しく書かれていることと、そこまで複雑なサイトを作るわけではないので、初心者でも挫折しにくいです。

これ1冊勉強するだけで、HMTL・CSSファイルからWordPressで使えるサイトを作ることができます。

また、WordPressのver5から登場したエディタ「グーテンベルグ」にも対応していて、エディタのスタイル調整についても書かれているのでおすすめです。

おすすめポイント
  • 初心者でもわかりやすく、挫折しにくい内容
  • WordPressでのサイト作成に最低限必要な知識が得られる
  • グーテンベルグのエディタのスタイル調整もあり

こちらの書籍が終わったらやること

「自分でオリジナルのテーマを作ってみる。」

この書籍の内容がきちんと理解できれば、僕が作ったようなテーマも作ることができます。

ただし、つまづくこともあると思うので、次に紹介する本と一緒に作るのがおすすめです。

辞書として一冊持っておきたい:WordPressデザインレシピ集

created by Rinker
技術評論社
¥3,058 (2022/12/05 23:47:55時点 Amazon調べ-詳細)

「WordPressデザインレシピ集」は「あれってどーやるんだっけ・・・」と悩んだ時に大活躍してくれる本です。

辞書的な役割を持つ本で、「アイキャッチの表示方法」、「子テーマの作成方法」などなど色んな「How to」が紹介されています。

そしてその数なんと230

ページ数にすると、671ページ

ほぼ辞書と厚みが変わりません。

 

悩んだ時にこの本を見ると、大体のことは解決します。

ググれば解決するようなこともありますが、かなりコンパクトにまとまっているので、持っていると重宝しますし、ググるより早く解決することも多いです。

個人的にはWordPress関連の本でこちらの書籍が一番好きです。

おすすめポイント
  • ずっと使える1冊
  • 「〜したい」で逆引きできるので、知りたい情報がすぐに見つかる
  • 671ページの大ボリューム

レベルアップ教材としておすすめ:ビジネスサイトを作って学ぶ WordPressの教科書 Ver.5.x対応版

「ビジネスサイトを作って学ぶ WordPressの教科書 Ver.5.x対応版」はビジネスサイトをWordPress化しながら、WordPressの使い方を学ぶ書籍です。

作るサイトはこちら

PACIFIC MALL DEVELOPMENT

HTML、CSS、JSはあらかじめ用意されているので、それをWordPress化していきます。

まず言っておくと、この本ムズイです。

初心者の方は、たぶん最初の環境構築でつまづくでしょう(まぁ、仮想環境作らなくてもできるんだけど)。

あと、WordPress化も「こんなやり方あるんや〜」って感じの内容(テクニック)が登場します。

先ほど紹介した「WordPress レッスンブック 5.x対応版」が簡単すぎる、もっと難しい教材がいいという方にはおすすめです。

おすすめポイント
  • 仮想環境を使った開発方法が学べる
  • 高度なテクニックが学べる
  • サンプルサイトがお洒落なので、デザインの参考になる

書籍を使って学習する際の注意点

WordPress書籍に限ったことではないですが、本で学習する際は実際に手を動かして作りながら進めてください。

単に本を読むだけでは「わかった気」になって、いざコードを書こうとしても全く手が動かないなんてことになるかもしれません(経験談)。

プログラミングはスポーツや外国語同様、とにかく練習しないと上達しないので、これから勉強される方は本に書いてあることを手で入力しながら進めてください。

まとめ

今回はWordPressの学習やテーマ開発に役立つ書籍を3冊紹介しました。

最後の「ビジネスサイトを作って学ぶ WordPressの教科書 Ver.5.x対応版」は難易度が高いので、まずは初心者向けの本で学習し、自分で何かテーマを作ってみるか、ポートフォリオをWordPress化してみるのがおすすめです。

興味がある方がこちらの書籍をチェックしてみてください。

今回紹介した本

created by Rinker
ソシム
¥2,860 (2022/12/06 08:40:27時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
技術評論社
¥3,058 (2022/12/05 23:47:55時点 Amazon調べ-詳細)
WordPressテーマ開発の流れをざっくりと解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA