Twitter APIをアプリで使うための設定内容

前回、以下の記事でTwitter APIの申請方法について解説しました。

Twitter API Keyの申請方法【英語の例文あり】

しかし、申請が通ればそれで終了ではなく、アプリで使うための登録が必要です。

今回はその登録方法について解説します。

Twitter APIを使うための登録方法

まずは、下のボタンから公式サイトを開いてください。

Twitter Developer

画面の右上にあるあなたの「アカウント名 → App」をクリックします。

あなたが登録したアプリの一覧画面が表示されるので、右上にある「Create an app」をクリックします(初めての利用する場合は、何も登録がない状態です)。

アプリの登録画面が開くので、こちらに必要事項を入力していきます。

必須入力項目は以下の5つです。

App name アプリ名
Application description あなたが作る/作ったアプリの概要
Website URL Twitter APIを利用するウェブサイトのURL
Callback URLs Twitter認証後の遷移先URL
Tell us how this app will be used Twitter APIをどのように使うか

「Application description」はTwitter API Key申請時に、それっぽいことを書いてると思うので、それを流用すればOKですね。

「Website URL」は多分、まだ決まってない状況で申請すると思うのでとりあえず、あなたのTwitterアカウントのURLを入力しておきましょう。

Laravelを使っている人の場合、以前まではローカル開発環境のアドレス「http://127.0.0.1:8000」が使えたようですが、今は使えません。

「Callback URLs」はTwitterの認証が終わった後の遷移先のURLです。こちらには開発環境のURLが使えるので、とりあえずマイページのURLを指定しておけばOKでしょう(後から変更も可)。

全て入力し終わったら画面下の「Create」ボタンをクリックします。

 

利用規約が表示されるので、内容を確認して「Create」ボタンをクリックします。

これでアプリの登録が完了です。

アプリで使うAPI keyは「Keys and tokens」画面から確認できます。

アクセストークンとアクセストークンのシークレットキーは同画面の「Generate」ボタンをクリックすることで生成できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA