Twitter API Keyの申請方法【英語の例文あり】

Twitterを使った自動ログインや新規会員登録、その他Twitterとの連携機能を実装するにはTwitter APIを使う必要があります。

でも、このAPIを使うには申請が必要で、しかも英語

中にはTwitter APIの使用許可申請をしようと思っても、英語なので絶望したという人も多いはず。

そこで、このページではTwitter APIがうまく申請できず困っているという人向けに詳しく申請のやり方を解説していきます。

一番苦労するのは、英語で目的や使い方を述べる箇所だと思いますが、一応サンプル例文も載せておきますので参考にしてみてください。

MEMO

申請にはTwitterのアカウントを持っていることが前提です。持ってない人は先に作っておいてください。



Twitter APIの申請方法

まずは、下のボタンから公式サイトを開いてください。

Twitter Developer

画面の右上に「Apply(申し込み)」をクリックします。

申し込みページが開いたら「Apply for a developer account(開発アカウントの申し込み)」をクリックします。

1. 用途の確認

用途を聞かれるので、該当するものを選び「Next」をクリックします。

大学やプログラミングスクールなどでプログラミングを勉強していて、Twitter APIの申請が必要になったということであれば「Student」でいいと思います。

僕の場合はStudentを選んで進めました。

This is you, right?(これはあなたですよね?)」というページが開き、アカウント名やメールアドレスなどが表示されるので、正しいか確認しましょう。

項目の中に、住んでいる国、あなたの呼び名を入力する項目があるので入力します。

僕はフィリピンに住んでいたのでフィリピンを選びましたが、通常であれば日本になると思います。

呼び名はなんでもいいです。

Want updates about the Twitter API?」はアップデートの情報を通知するかどうかなので、いらない場合はチェック不要です。




2. 利用目的の詳細

ここからは、多くの人が苦労する質問コーナーです。

どういったサイトやツールを作るのか、どういった分析をするのかなどについて答えていきます。

では、まず一問目。

TwitterのデータやAPIをどのように使うのか英語で説明しやがれ。もしスクールの生徒や教師なら学校名や教師の名前、コース番号なども可能な範囲で記入してくれい。詳しく書けばその分承認も早くなるぜ。

みたいなことが書かれています。

なので、TwitterのデータやAPIをどのように使うのか説明しましょう。

僕は曖昧ですが次のように回答しました。

現在、プログラミングスクールでプログラミングを勉強しておりまして、学校での課題としてTwitter APIを使い、ツイートの予約投稿や複数アカウントを一元管理できるサービスを作ることになったため、今回申請させていただきました。尚、今回は課題のためサービスを一般公開する予定はございません。

英語にするとこんな感じです。

参考

Currently, I am studying programming at an online programming school, and as my assignment in that school, I have to create a web service that can manage multiple twitter accounts and can schedule a post for Twitter using the Twitter API. .

In addition, Since this is just an assignment, there is no plan to release this web service to the general public.

学校名も掲載したいのであれば、「The online school is here.  (学校のURL)」を追記すればOKです。

 

では、二問目へ。

Twitterのデータ分析する予定はあるか?あるなら、ツイートやツイッターユーザーなどのデータをどう分析するのか詳しく書きやがれ!

みたいなことが書かれています。

なので、どのように分析をするのか書きましょう。

僕の場合、今回は対象外でしたが、将来的に分析機能も使いたいので以下のように回答しました(ここも曖昧な感じ・・・)。

今回は分析の予定はありませんが、将来的にはユーザーが何に興味があるのか、どんな言葉がトレンドなのかを分析するかもしれません。

英語にするとこんな感じです。

参考

I don’t plan to analyze it at this time, but in the future, I may analyze what users are interested in and what words are trending

 

では、次の三問目へ

君のアプリはツイートやリツイート、いいね。フォロー、ダイレクトメッセージ機能などを使うかい?

みたいなことが書かれています。

僕の場合、予約投稿(ツイート)を実装するため次のように回答しました。

事前に作成したツイート内容を好きな時間に投稿できる「予約投稿機能」を実装予定ですが、今のところリツイートやいいねを使う予定はありません。 

英語にするとこんな感じです。

参考

I plan to make a function that the user can schedule a post in advance. However, I will not retweet or like contents.

 

では、4問目へ

Twitterのデータを外部に公開する予定はあるかい?あるなら、どこにどのようにツイートやTwitterのコンテンツを公開するのか詳しく教えて。

みたいなことが書かれています。

僕の場合、アカウント情報を掲載するので次のように回答しました。

個人のツイート内容の表示する予定はありません。サイト上では登録したアカウント情報(フォロー数、フォロワー数、id、アカウント名、写真の表示)を表示します。しかし、今回は課題として作るため、サービスのリリース予定はございません。

英語にするとこんな感じです。

参考

There are no plans to display personal tweets on my web service. On the site, the registered account information such as a number of followers, number of followers, id, account name, profile picture will be displayed.

However, this is only for an assignment, so there is no plan to release this web service to the general public.

 

では、最後の質問へ。

君の製品やサービス、分析情報などは政府機関が利用できるようになるのか?

みたいなことを聞かれています。

これは個人での開発であれば、ほとんどの場合「No」だと思います。

僕の場合も対象外だったので、今回は対象外にしました。

 

これで全ての質問に回答したので、次のページへ移動します。

3. 登録内容の確認

確認ページが表示されるので、問題なければ「Looks good!」をクリックします。

4.利用規約への同意とメール認証

利用規約が表示されるので、内容を確認し、問題がなければチェックをつけて「Submit Application」をクリックします。

下のように「You did it!!」の画面が表示されます。

ここで終わりではないので注意。

メールが送られて来るので、それを開きましょう。

メールを開くと、下のように「Confirm your email」というボタンがあるので、こちらをクリックします。

すると、あなたの申請内容のレビューが開始されます。

これで、申請手続きは完了です。

あとはTwitterからの返信を待ちましょう。

僕の場合は朝に申請して、夜には審査をパスしたメールが届きました。



最後に

今回はTwitter API Keyの申請方法について紹介しました。

英語で申請しないといけないので、手間かもしれませんが、何に使うのかどのように使うのかをきちんと答えれば審査に通るはずです。

これから申請予定の方の参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。

Twitter APIをアプリで使うための設定内容

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA