フィリピン旅行に役立つタガログ語会話表現まとめ

どうも、オノです。

フィリピンでは基本的に英語が通じますが、やっぱり旅行するなら、現地の国の言葉を使って挨拶をしたりコミュニケーションを取ってみたいと思うこともありますよね?

そこで、フィリピン在住歴3年以上の僕が、知っておくと役立つ「タガログ語会話表現」を紹介します。

これからフィリピンへ旅行される方は、ぜひ今回紹介する表現を使ってみてください。

そもそもタガログ言語って?

よく「フィリピンの言語 = タガログ語」をイメージする人がいますが、実はフィリピンには100以上の言語が存在し、その1つがタガログ語になります。

フィリピンの主要な言語
  1. タガログ語
  2. セブアノ語
  3. イロカノ語
  4. イロンゴ語
  5. ビコール語
  6. ワライ語
  7. カパンパガン語
  8. パンガシナ語

ですから、地域によってはタガログ語を使わない所もあるわけです

日本人にも人気のセブも、実はタガログ語ではなくセブアノ語と呼ばれる別の言葉が使われています。

しかし、言語が100以上もあると、同じ民族同士でのコミュニケーションが取れなくなってしまいますよね?

そこで、政府はフィリピンの公用語として、タガログ語(フィリピノ語)を共通言語として制定しました。

これにより、パンガシナンやビコールなどタガログ語を使わない地域の人も、学校の授業で一通りタガログ語を学習することになるので、タガログ語が話せるようになるわけです。

補足

フィリピノ語とタガログ語はほとんど同じです。

公用語は「フィリピノ語」と呼ばれていますが、これは「タガログ語」という名前にすると、他の地域から反発を買う恐れがあったためです。



知っておくと役立つ会話表現

では、本題の知っておくと役立つ会話表現について紹介していきますね。

挨拶表現

まずは基本の挨拶表現をおさえておきましょう。これらは頻出表現なので、丸暗記しておくと役に立ちます。

お元気ですか? / 初めまして。

 

Kumusta ka?
クムスタ カ?

はい、元気です。


Mabuti naman.
マブーティ ナマン

こんにちは。


Hello po.
ハロー ポ

バイバイ。

 

Bye po.
バイ ポ

ありがとうございます。

 

Salamat po.
サラーマット ポ

どういたしまして


Walang anuman
ワラン アヌマン

ごめんなさい。


Sorry po.
ソーリー ポ

気をつけて(相手が帰るときに使います)。

 

Ingat.
インガット

「こんにちは」や「ごめんなさい」などは次のような表現もありますが、実際の会話ではあまり使われず、英語を使うことが多いです。

参考

おはようございます。
Magandang umaga. マガンダン ウマーガ

 

こんにちは(正午)。
Magandang tanghali. マガンダン タンハーリ

 

こんにちは(夕方)。
Magandang hapon. マガンダン ハーポン

 

こんばんは。
Magandang gabi. マガンダン ガビ

 

ごめんなさい。
Pasensya ka na. 
パセンシャ カ ナ

自己紹介

続いて、自己紹介で使える表現を紹介します。

私は(名前)です。

 

Ako po si 名前.
アコ ポ スィ 名前

日本人です。

 

Hapon ako.
ハポン アコ

日本から来ました。

 

Taga-Japan ako.
タガ ジャパン アコ

学生です。

 

Estudyante ako.
エストゥジャンテ アコ

バスケットボールが好きです。

 

Gusto ko ng basketbol.
グスト コ ナン バスケットボール

名前や出身を尋ねる

お名前は?


Anong pangalan mo?
アノン パガーラン モ

お仕事は?

 

Anong trabaho mo?
アノン トラバーホ モ

ご出身は?

 

Tagasaan ka?
タガサアン カ

日本のどこ出身ですか?

 

Tagasaan ka sa Japan?
タガサアン カ サ ジャパン

どこに住んでいますか?

 

Saan ka nakatira?
サアン カ ナカティラ

どちら様ですか?


Sino po sila?
シーノ ポ スィラ

レストランで使える表現

メニューをください。


Pahingi ng menu.
パヒンギ ナン メニュー

お水をください。


Pahingi ng tubig.
パヒンギ ナン トゥービッグ

お会計お願いします。

 

Bill out.
ビル アウト

日本と違って、フィリピンでは食事をしている席で会計を済ませるのが一般的です。そのため、食事が終わって会計をする時は店員を呼ぶ必要があります。

ちなみに、混雑時は会計にかなり時間がかかります。

買い物のときに使える表現

これは何ですか?


Ano ito.
アノ イト

これ、いくらですか?


Magkano ito?

マグカーノ イト

これ、ください。

Kukunin ko ito?
クークニン コ イト



持っておくと安心「旅の指さし会話帳 フィリピノ語」

使ってみたい表現は見つかりましたか?

「ちょっと物足りない」、「もっと会話表現が知りたい」というあなたには「旅の指さし会話帳 フィリピノ語」がオススメです。

こちらの本は旅行で使えるフレーズが盛り沢山で、タイトルに「指さし」とあるように、相手に本を見せながら伝えたいことを「指さして」伝えることができるので、かなり役に立ちます。

文法や単語の意味がわかっていなくても使えるので、これからフィリピン旅行を考えている人はカバンに忍ばせておくと、いざという場面で役に立つと思います。

【フィリピンの言語】タガログ語学習に役立つサイトや書籍まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA