Homesteadを使って構築したLaravel環境にcronを設定してみた

「Homestead」を使って作ったLaravel環境に、タスクスケジュール(cron)を設定してみたので、その手順をメモとして残しておきます。

Homesteadを使って、Laravel環境を構築する方法はこちら

【環境構築メモ】Homesteadを使ってLaravel環境を作ってみた
前提

今回は、Laravelのタスクスケジュール「app/Console/Kernel.php」に設定したプログラムをcronで動かすための設定を紹介します。

 

Kernel.php上でスケジュール設定をしていることを前提に紹介していきますので、まだ終わって無い方は先にそちらを済ませておいてください。



仮想環境にログイン

Kernel.php側で

以下のコマンドにて、構築した仮想環境にログインします。

vagrant ssh

cronの設定

以下のコマンドで、cronの設定画面を開きます。

crontab -e 

設定画面が開いたら、一番下に以下の内容を追記し保存します。

* * * * * php /あなたのLaravelプロジェクトがあるパス/artisan schedule:run >> /dev/null 2>&1

設定内容の保存については、もし「GNU nano」という見慣れないテキストエディタが開いている場合は、「control + x」で保存できます。

「command + x」じゃないので注意!

以上で、LaravelのKernel.phpに設定したスケジュールが自動で動くようになります。

crontabに書いた設定が反映されない場合

cronを再起動してみて、動くかどうか試してみてください。

sudo service cron restart
created by Rinker
秀和システム
¥3,300 (2022/12/05 19:44:20時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA