githubに登録した公開リポジトリを非公開にする方法

githubは公開しているリポジトリが非公開にする方法について紹介します。

2019年1月7日から、どなたでも無料で非公開に出来るようになったようなので、githubには載せたいけど、一般公開したくないという人はぜひ。

公開リポジトリを非公開にする手順

githubにログインし、非公開にしたいリポジトリを開きます。

開いたら、右端にある「Settings」をクリックします。

Danger Zone」の中の「Make this repository private」という項目があるので、「Make private」ボタンをクリックします。

下のような画面が開くので、「リポジトリ名」を入力し、「I understand, make this repository private」をクリックします。

パスワードを入力します。

以上で、非公開(private)への設定完了です。

下の写真のようにリポジトリ名の横に「Private」という表記があれば、設定がきちんとできていることになります。

非公開にしたリポジトリを公開に戻したい場合は、同じ手順でできます。

created by Rinker
¥2,208 (2022/12/05 20:08:22時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA