Amazonアソシエイトの審査に受からない人がすべきこと

Amazonアソシエイトに1発で合格するための方法・・・そんなものはわかりません!

僕はAmazonの人間でもないですし、わかるはずありませんよ!

色々、ネット上では「受かる方法」が書いてありますが、みんな推測で書いてるだけで、合っているかどうかわかりません。

だから、今回僕が紹介する「Amazonアソシエイトに受かるためにすべきこと」も100%合格を保証するものでもないし、参考程度に留めておくのがいいでしょう。

補足

ごく当たり前について、話ていくので今回はこれからAmazonアソシエイトを始めたい初心者向けの内容です。



最近のAmazonアソシエイト審査は厳しめ

まず、すべきことの前に最近のAmazonアソシエイトの審査は厳しくなっているということを認識しておきましょう。

僕がブログを始めたの時は2017年10月でしたが、その頃はわりと記事が少なめ(10記事ぐらい)でも受かりやすかったですし、ブログを立ちあげであまり日が経っていなくても合格しやすかったように思います。

しかし、今回このブログを立ち上げ、久々にAmazonアソシエイトに申請しましたが5回ぐらいNGで返ってきました・・・。

しかも基本的に「残念ながら当プログラムでの審査基準に合致しなかったため」としか理由がなく具体的な原因がわかりません。

流石に5回も落ちたので「いつものようにやってるのになんでやー!」と思わず叫びましたが、6回目の申請でなんとか合格できました。

参考までにその時のブログの記事数や運営期間などを掲載しておきます。

このブログが受かった時の情報

記事数 41
運営期間 1ヶ月半
記事のジャンル ブログ・プログラミング・海外情報
1記事あたりの文字数 2,000〜3,000文字
Amazon商品の紹介

Amazonアソシエイトに受かるためにすべきこと

基本的にはAmazonアソシエイト「 プログラム参加申請をお断りする例 」を見れば、だいたいわかると思いますが次の4つです。

  1. 記事をとにかく増やす
  2. Amazonの商品を紹介する
  3. 必要最低条件の情報を掲載する
  4. 著作権に注意する

ごく当たり前のことですが、上記でも特に1と2が重要です。

では、それぞれ解説していきます。

1. 記事をとにかく増やす

合格しない人のほとんどがこれ!

受かるためにはとにかく記事を増やすしかありません。「ちょうど最近ブログ立ち上げたし、Amazonアソシエイトの申請してみよ〜」だと100%落ちます。

実際に「お断りする例」の中にも次のように書かれています。

■ Webサイトが未完成または作成したばかりであるため審査が行えない場合
      – 記事数や投稿数などのコンテンツが極めて少ない
      – 長い間更新がない
      – コンテンツのほとんどが転載や広告で構成されており、サイトにオリジナリティーがない

このブログが審査に受かった時で、41記事あったので、少なくても30記事以上は書くようにしましょう。

またブログの完成度も見られているっぽいので、記事数はもちろんですが、ジャンルも1、2つに絞って完成度を高めた方が受かりやすいです。

2. Amazonの商品を紹介する

合格するためにはAmazonのリンクも必須!

このブログは30記事を超えたあたりから何度も申請しましたが、何度もNGをくらい、Amazon商品のリンクを増やしたところようやく受かりました。

まぁ、そりゃそうですよね。

Amazon側はお金を払うわけですから、自分のサイトを紹介してくれないと意味がありません。

なので、何か商品を紹介する際は、必ずAmazonのリンクを貼りましょう。

僕の場合は本の紹介で、とにかくリンクを貼りました。

楽天やその他のサイトのリンクを貼ってもいいの?

OKです!僕は普通に楽天やヤフーのリンクも貼ってました。

3. 必要最低条件の情報を掲載する

必要最低限の情報とは主に以下を指します。

  • プライバシーポリシー(利用規約)
  • 運営者情報
  • お問い合わせ

運営者情報はあなたがどういった人で、どうしてブログを立ち上げたのか、ブログでどんなことを書きたいのかなどを書いておけばいいでしょう。

プライバシーポリシーは適当に誰かのブログの内容を真似するとOKです。だいたいフォーマットがあって、みんな同じようなことを書いているので。

お問い合わせフォームの作り方は以前に紹介した「 グーグルアドセンスの審査に1発で合格するための方法 」に書いてあるので、こちらを参照してください。

グーグルアドセンスの審査に1発で合格するための方法

4. 著作権や記事のジャンルに注意する

当然ですが、法律に違反するようなサイトであればAmazonアソシエイトを利用することができません。

まぁAamzonに限らず、常識的に考えてその他のサービスも利用不可ですね。

なので、人の写真を勝手に使ったり、許可を得てないのに歌詞を載せたりといったことはやめましょう。

また、アダルト系のジャンルも申請できません。

Amazonアソシエイトに受かるためにしなくても良いこと

「Amazonプライム」への申し込み

これ、よくブログやっている人が書いていることなんですが、「正直アフィリエイト狙いでしょ?」って突っ込みたくなります。

常識的に考えて、Amazon側が「お、この人はプライム会員だから、合格させてあげるか。」なんて言うわけありませんし、プライム会員を贔屓にするはずがありません。

プライム会員にさせて、収益を得ようというのが狙いなので、これからAmazonアソシエイトの利用を考えている人は注意しましょう。

ちなみに、僕はプライム会員になる前にいくつも申請し、審査に受かってますので、基本的には先ほども書いた通り、ブログの完成度や質が求められることになります。

どうしてもAmazonアソシエイトに受からない場合は?

実は裏技ではないですが、「もしもアフィリエイト」を使うという手もあります。

もしもアフィリエイトでは「Amazon商品紹介の案件」があり、紹介することで得られる収益もAmazonアソシエイトと同額です。

しかも、Amazonアソシエイトよりも審査に合格しやすい ので、何度やっても受からない人はこちらを利用しみてもいいでしょう。

▶︎ もしもアフィリエイト

最後に

今回は、Amazonアソシエイトの審査に受からない人がすべきことというテーマでお話ししました。

合格できない人の大半は「記事が少ない」、「Amazonの商品を紹介していない」のいずれかなので、なかなか合格できずに苦労している方は、自分のブログがこの2つに該当していないかどうかチェックしてみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA