グーグルアドセンスの審査に1発で合格するための方法

グーグルアドセンスに1発で合格するための方法・・・そんなものはわかりません!

僕はGoogleの人間でもないですし、わかるはずありませんよ!

ただ、僕の場合はこれまでに3サイト申請して、2サイトは1発で合格できたので、なんとくこうしたら受かるんじゃないかってのはあります。

そこで、このページではアドセンスになかなか合格できず困っているという人向けに、「こうしたら受かるかも?」的な情報を提供します。

とはいえ、ごく当たり前のことなので、紹介する内容はこれからアドセンスを始めたい初心者向けの内容です。

ちなみに、サブディレクトリにサイトを作っている人で、合格できないって人は以下の方法も試してみてください。
サブディレクトリに作ったサイトをアドセンス審査に通すには?



アドセンスの審査に合格するための方法

アドセンスの審査に合格するためにすべきことは次のようになります。

  1. 必要最低限の情報を掲載する
  2. 次にようにして記事を書く
    ・・・「Googleサイト運営者向けポリシー」を守る
    ・・・1つカテゴリーに特化した記事書く
    ・・・危険ジャンルの記事は書かない

1. 必要最低限の情報を掲載する

必要最低限の情報とは主に以下を指します。

  • プライバシーポリシー(利用規約)
  • 運営者情報
  • お問い合わせ

上記でも「プライバシーポリシー」は必須なので、必ず掲載しましょう!これがないと、まずもって合格できないと言ってもいいでしょう。

どうやって書けばいいかわからない・・・」と思ったあなた。安心してください。

基本的には誰かのサイトの内容を真似すればOKです。

プライバシーポリシーはだいたいみんな同じような内容なので、わざわざ1から考えて作る必要はありません。

 

運営者情報に関しては、必須ではありませんが、あった方がいいような気がします。

このサイトでは僕の氏名や経歴などを載せていますが、別に匿名でもOKです。

僕が過去に作ったサイトでは、匿名で書いてましたし、まぁブログの由来とかブログで書きたいこと、どんなジャンルを扱っていくかなんかを書いておくと良いと思います。

 

そして、「お問い合わせ」ですが、これはプラグインを使えば簡単に作れます。

プラグインの画面で「Contact Form 7」と検索し、それをダウンロードしてください。

ダウンロードができたら「有効化」しましょう。

有効化したら、管理メニューに「お問い合わせ」の項目が追加されるので、その中にある「コンタクトフォーム」をクリックします。

コンタクトフォームが開いたら、お問い合わせ画面を作るためのショートコードが表示されるので、それをコピーします(下の写真参照)。

最後に「固定ページ」で新規作成画面を開いて、コピーしたコードを貼り付け、保存します。

これでお問い合わせ画面の完成です。

2. ルールを守って記事を書く

プライバシーポリシーや運営者情報など最低限の情報が掲載できたら、次のルールに従って記事を書いていくだけです。

  • 「Googleサイト運営者向けポリシー」を守る
  • 1つのカテゴリーに特化した記事書く
  • 危険ジャンルの記事は書かない

Googleサイト運営者向けポリシーについては以下のボタンをクリックすると確認できます。

▶︎ ポリシーを確認する

中を見ると色々書かれてますが、要は違法な内容を書いたり、誹謗中傷するような内容は書くなよって内容です。

どういったジャンルでアドセンスが利用できないのかがわかるので、きちんと読むようにしましょう。

 

続いて、「1つのカテゴリーに特化した記事を書く」ですが、このサイトならプログラミングについて、過去に僕が申請した2サイトでは旅行のノウハウや、教育について書いてました。

もちろん色んなジャンルの記事を書くのは悪いとは言いませんが、できればアドセンスに合格するまでは、1つ2つのジャンルに絞って書いていったほうがいいでしょう。

だって、10記事書いて全て違うカテゴリーだったら、そのサイトが一体なんのサイトなのかわからないですよね。

それから「今日は〜〜へ行った。楽しかった。」みたいな日記記事はやめましょうね。アドセンスに合格したいのであれば、誰かの役に立つ記事を書きましょう。

個人的にはノウハウ系がオススメです。

 

そして、最後に「危険なジャンルの記事は書かない」ですが、これはYMYLジャンルのことです。

YMYLは「Your Money or Your Life」の略でGoogleがSEOの評価基準の1つです。

具体的には医療や、クレジットカードなど人のお金や命、人生に大きく関わるジャンルを指し、このジャンルの記事をいくら一生懸命書いても、Googleの検索結果の上位にはなかなか表示されません。

それに、イチ素人がこのジャンルの記事を書いても、アドセンスには受からないと思ったほうがいいでしょう。



アドセンスの審査に関するQ&A

ブログは「はてなブログ」や「livedoorブログ」でもいい?

OKです!特に決まりはありません。ただデザインとか書きやすさとか考慮すると、WordPressがオススメです。

合格するためには何記事必要?

文字数や中身にもよると思いますが、最低でも5記事あればいいんじゃないでしょうか。僕が合格した時は次のようになります。

サイト1:7記事
サイト2:6記事
オノログ:11記事

記事の文字数はどのぐらい必要?

文字数はあまり関係ないと思います。最低でも各記事2,000文字書けみたいなことを言ってる人もいますが、僕が最初に受かったサイトは各記事500〜1,000文字くらいでした。なので中身によるかと思います。

最後に

今回は、こうしたらアドセンスに受かるんじゃないかという内容について紹介しました。

正直アドセンスに合格するぐらいであれば、今回紹介した内容できちんと書いていれば、落ちることはないと思うんですが・・・。

よくTwitterやその他のブログで「10回落ちた」、「20回落ちた」みたいなことを言っている人を見て、逆にどうやったらそんなに落ちれるんだろうと不思議なぐらいです。(上から目線ですみません)

もし、今もなかなか合格できず苦労しているという人は、ポリシーを守って書いているか、ジャンルを絞って書いているか、危険ジャンルをせめていないか、もう一度確認してみてください。

Google Adsenseを極めたい人におすすめの1冊

created by Rinker
¥2,035 (2022/12/06 09:21:34時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA