【iOSアプリ開発】Firebaseのデータベースを使うための設定手順

このページでは、Firebaseのデータベースを使うために必要な設定を紹介します。

基本的には公式サイトに書かれている手順に従えば設定できますが、公式のだとわからなかったという人は参考にしてください。

Firebase公式

データベースを使うための設定手順

まずは、Firebaseコンソールを開いて、あなたの開発しているプロジェクトを開きます。

Firebaseコンソール

プロジェクトを開いたら、下のような画面が表示されるので、メニューから「Database」を開き、「データベース作成」をクリックします。

「テストモードで開始」を選んで、「次へ」をクリックします。

「完了」をクリックします。

これで、データベースが作成されました。




Xcode上で使えるようにするには?

作成したデータベースをXcode上で使えるようにするには、podfileに以下のコードを記述し、インストールします。

pod 'Firebase/Firestore'

podfileの作り方がわからないという人は、こちらの記事を参考にしてください。

Cloud Firestoreの初期化

ライブラリがインストールできたら、プロジェクトファイルを開き「Appdelegate.swift」以下を追加します。

追加した項目は、以下です。

import Firebase

FirebaseApp.configure()
let db = Firestore.firestore()

これで、Xcode上でFirebaseのデータベースを使えるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA