【iOSアプリ申請】スクリーンショットを自作する方法

作ったiOSアプリを申請するにはアプリの概要を示すスクリーンの提出が必要です。

スクリーンショットとは、そのアプリがどういった物なのかを示す説明画像のことで、単に画面のキャプチャではなく説明文も付けるのが一般的です。

例:Gmailアプリのスクリーンショット 

今では上のようなスクリーンショットが簡単に作れるサービスがたくさん出ていて、以下の2つのサービスが有名ですが、どちらも有料で月々2,000円以上かかります(一部のデザインは無料で利用可)。

そこでこのページでは、アプリを申請するときに必要なこのスクリーンショットを自分で作る方法について解説します。

「無駄な費用は払いたくない」、「できるだけ経費を抑えたい」とお考えの方は参考にしてみてください(ただし、Photoshopは必要になります・・・)。

スクリーンショット作成の流れ

全体の流れは次の通りです。

  1. 作成するスクリーンショットのサイズを確認する
  2. スクリーンショットに使う端末の画像をダウンロードする
  3. iOS Simulatorを使って画面のキャプチャを取得する
  4. 端末画像にキャプチャをはめ込む
  5. スクリーンショットを作成する

それでは順に解説していきますね。



STEP1. 作成するスクリーンショットのサイズを確認する

アプリを申請する際に必要なスクリーンショット画像のサイズは次の通りです(2020年9月現在)。

デバイスのサイズまたはプラットフォーム スクリーンショットのサイズ
6.5 インチ
(iPhone 11 Pro Max, iPhone 11, iPhone XS Max, iPhone XR)
1242 x 2688 ピクセル(縦向き)
2688 x 1242 ピクセル(横向き)
5.5 インチ
(iPhone 6s Plus、iPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus)
1242 x 2208 ピクセル(縦向き)
2208 x 1242 ピクセル(横向き)
12.9 インチ 2048 x 2732 ピクセル(縦向き)
2732 x 2048 ピクセル(横向き)

あなたの作成するアプリがiPhoneのみに対応している場合は、6.5インチと5.5インチのスクリーンショットのみでOKです。

もし、iPadにも対応している場合は12.9インチのスクリーンショットも必要になります。

スクリーンショットはそれぞれ最低でも1枚ずつ用意する必要があり、向きは縦向きでも横向きでも自由です。

STEP2. スクリーンショットに使う端末の画像をダウンロードする

スクリーンショットのサイズが確認できたら、次に端末画像をダウンロードしましょう。

ダウンロードは公式サイトからできます。

端末画像のダウンロード画面へ

Apple Product Images」という項目があるので「View all」をクリックします。

ダウンロードできる端末一覧が出てくるので、必要な画像をダウンロードします。

iPhoneアプリであれば、「iPhone11, iPhone11 Pro, and iPhone 11 Pro Max」と「iPhone SE」でいいです。

ダウンロードしたファイルを開くと、psdファイルが入っているのが確認できると思います。

これをPhotoshopで開くと、下のような端末画像が確認できます。

STEP3. iOS Simulatorを使って画面のキャプチャを取得する

端末画像はダウンロードできたので、次は端末にはめ込むアプリの画面キャプチャを準備します。

キャプチャの撮り方は以前、以下の記事で紹介しましたので、わからない方はこちらを参照ください。

【Xcode】シミュレータのスクリーンショットを撮る方法
MEMO
  • 枠なしのキャプチャを取得してください。
  • 6.5インチのスクリーンショット用にはiPhone11系のシミュレーターを、5.5インチのスクリーンショット用にはiPhone8系のシミュレーターを使用してください。


STEP4. 端末画像にキャプチャをはめ込む

端末画像をPhotoshopで開いて、先ほどシミュレーターから取得したキャプチャをはめ込み、png(背景透過)形式で保存します。

実際に保存したものがこちら

STEP5. スクリーンショットを作成する

以下のサイズ表を参考にPhotoshopで新規作成し、保存したPNG画像と文言を入れます。

デバイスのサイズまたはプラットフォーム スクリーンショットのサイズ
6.5 インチ
(iPhone 11 Pro Max, iPhone 11, iPhone XS Max, iPhone XR)
1242 x 2688 ピクセル(縦向き)
2688 x 1242 ピクセル(横向き)
5.5 インチ
(iPhone 6s Plus、iPhone 7 Plus、iPhone 8 Plus)
1242 x 2208 ピクセル(縦向き)
2208 x 1242 ピクセル(横向き)
12.9 インチ 2048 x 2732 ピクセル(縦向き)
2732 x 2048 ピクセル(横向き)

「Photoshopの操作が苦手・・・」という方のはCanvaが使いやすくてオススメです。

少し使い方を紹介しておくと、まず、画面の右上にある「デザインを作成」ー「カスタムサイズ」をクリックします。

スクリーンショットのサイズを指定して、「新しいデザインを作成」をクリックします。

あとは背景色を設定したり、テキストを入力するだけで簡単にスクリーンショットが作れます。

背景色をグラデーションにもできますし、手軽に使えるのでオススメです。

スクリーンショットの自作方法は以上です。

あとは、準備ができたらApp Storeに申請しましょう!

 

ちなみに、実際にスクリーンショットを自作してリリースしたアプリがこちらになります。

かなりニッチなアプリですが、興味がある方はぜひご利用ください。

タガログ語単語 フラッシュカード&クイズ

タガログ語単語 フラッシュカード&クイズ
無料
posted withアプリーチ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA