【エックスサーバー】httpのURLでアクセスした時にhttpsへリダイレクトさせる方法

この記事を読むと・・・
  • httpからhttpsへ強制的にリダイレクトさせる方法がわかる。

エックスサーバーを使っているあなた、きちんとSSL対応できていますか?

まさか、サーバーパネルの「SSL設定」で設定し、WordPressのURLを「https」に変更しただけではないですよね?

もし、それだけだと「http」のURLでもアクセスできるようになっている状態なので、十分とは言えませんよ!

じゃあ、何が必要かというと「http」でアクセスした場合でに、無理やり「https」のURLへ飛ばすための設定(リダイレクト)です。

このページでは、まだその設定ができていないあなたに、設定方法を解説していきますので、ちゃちゃっと終らせてしまいましょう。

「http」→「https」のリダイレクト手順

それではリダイレクトの設定手順について解説していきます。

STEP1
エックスサーバー の管理画面にログインする

エックスサーバー 契約時の会員IDとパスワードを入力し「ログイン」をクリックします。

STEP2
WebFTPを開く

ログインできたら次に「ファイル管理」ボタンをクリックして「WebFTP」を開きます。

WebFTPでは、自分のサーバー上にあるファイルをダウンロードしたり、サーバー上にファイルをアップロードしたりするツールです。

STEP3
「public_html」のフォルダへ移動する

WebFTPを開くと、下の写真のようにフォルダの一覧が表示されます。

この中からリダイレクトを設定したいドメインを開いてください。

このサイトの場合ですと「naoya-ono.com」になります。

自分のサイト名のフォルダを開くと、中に「public_html」というフォルダがあるので、こちらをクリックします。

STEP4
「.htaccess」を開く

「public_html」のフォルダの中に「.htaccess」という名前のファイルがあるはずなので、ファイル名の左にチェックを入れ、「編集」ボタンをクリックします。

STEP5
リダイレクト用のコードを追加する

「.htaccess」が開けたら以下のコードを追加します。

追加コード
# BEGIN リダイレクト
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} !on
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
# END リダイレクト

MEMO

コードを追加する場所に指定はないですが、わかりやすいように先頭か最後にしておきましょう。

コードの追加ができたら、「保存する」をクリックします。

以上で、設定は完了です。

実際にリダイレクトされるかどうか「httpで始まる」のURLでアクセスしてみましょう。httpsにリダイレクトされればうまく設定ができていることになります。


サブディレクトリにもWordPressをインストールしている場合は?

サブディレクトリにWordPressをインストールしている場合、そのディレクトリにある「.htaccess」にもリダイレクトの設定が必要です。

例えば、このサイトですと「naoya-ono.com/blog」にWordPressをインストールしているので、「blog」のフォルダ内にある「.htaccess」にもさっきのコードを追加します。

注意

これをしないと、サブディレクトリのサイトはリダイレクトされません。

以上で、リダイレクトの設定は完了です。

httpのアクセスはセキュリティ上よろしくないとされているので、Googleからの評価が悪くなる可能性があります。

そうならないように、設定がまだの人はサクッと終らせてしまいましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA