Twitter APIを使ってメールアドレスを取得するための設定方法

Twitter APIを使えば、Twitterアカウントに紐づくメールアドレスも取得することができますが、アプリ側の設定が必要です。

その設定方法をサクッと紹介。

Twitter APIを使ってメールアドレスを取得するための設定

まず、Twitter Developerの「App」画面を開きます。

開いたら、「Permissions」ページを見てみましょう。

下のように「Additional permissions」のところにチェックが入っていない場合は、メールアドレスが取れない状態です。

Additional permissions」にチェックをつけるには、「App details」で「利用規約」と「プライバシーポリシー」を設定する必要があります。

App details」ページを開いたら、「Terms of Service URL」と「Privacy policy URL」という項目があるので、それぞれにあなたが用意した「利用規約」ページと「プライバシー」ポリシーページのURLを登録します。

こちらを登録しておかないと、メールアドレスが取得できません。

わかるとは思いますが、「Terms of Service」が「利用規約」、「Privacy policy URL」が「プライバシーポリシー」です。一応。

書き方わからねぇ・・・

という人もいるかもしれませんが、大丈夫です。

「利用規約」や「プライバシーポリシー」はどこもだいたい同じような内容なので、いくつかサイトにアクセスして、内容を真似すればOKです。

ただし、丸パクリするのではなく、あなたのサイトに合うように書きかえてください。

利用規約ページ、プライバシーポリシーページを作って、URLを登録したら、再度「Permissions」ページを開きましょう。

下の写真のように、チェックが付けられるようになるので、こちらのチェックをつけて「Save」すれば、すぐにメールアドレスを取得できるようになります。




Laravel × Socialiteでメールアドレスを取得するには?

getEmail()メソッドを使えば簡単に取れます。

// コールバック関数内
$twitter_user = Socialite::driver('twitter')->user();
$email = $twitter_user->getEmail()

ただし、Twitterアカウント上にメールアドレスが設定されていない場合は、当然ですが取得できません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA