【JavaScript】四捨五入する方法!桁指定のやり方も解説

このページでは、JavaScriptを使って四捨五入する方法や桁の切り捨て、切り上げの方法について解説しています。

四捨五入のやり方(桁指定なし)

四捨五入の方法はJS側にMath.round()というメソッドが用意されているので、これを使えば簡単に行えます。

// 書き方
Math.round(数値); 

// 例 
Math.round(5.6);   // 結果:6 
Math.round(5.4);   // 結果:5

ただし、このメソッドですが、小数点が「0.5以上」か「0.5」未満かで判断するため結果は必ず整数となります。

なので、小数点第1位まで残したいといったやり方はできません。

四捨五入のやり方(桁指定あり)

Math.round()メソッドを使って、桁を指定したい場合は次のように書きます。

// 小数点第1位まで残す
Math.round(数値 * 10) / 10; 

// 少数点第2位まで残す 
Math.round(数値 * 10) / 10; 

// 例 
Math.round(12.567 * 10) / 10;   // 結果:12.6 
Math.round(12.567 * 100) / 100;   // 結果:12.57

なぜ、こうなるのかですが、計算の流れを追ってみるとわかりやすいです。

Math.round(12.567 * 10) / 10の場合、まず「12.567 * 10」で「125.67」になります。

そして、Math.round()メソッドは数値が0.5以上であれば四捨五入を行いますから、「126」になりますね。

最後にこれを「10」で割ることで、「12.6」となります。




桁を切り捨てたい場合は?

四捨五入ではなく、小数点を切り捨てたい場合は、Math.floor()メソッドを使います。

// 書き方
Math.floor(数値); 

// 例 
Math.floor(5.6);  // 結果:5 
Math.floor(5.4);  // 結果:5

桁を切り上げたい場合は?

四捨五入ではなく、小数点がある場合に桁を切り上げたい場合は、Math.ceil()メソッドを使います。

// 書き方
Math.ceil(数値);

// 例
Math.ceil(5.6);  // 結果:6
Math.ceil(5.4);  // 結果:6

JavaScriptのおすすめ書籍

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA