【FuelPHPの使い方】バリデーションチェックのエラーメッセージを日本語化する方法

始めに

このページは、PHPのフレームワーク「FuelPHP」の学習中の僕がメモとして残しているものです。内容に間違いがあればご連絡いただけると幸いです。

FuelPHPでバリデーションチェックのエラーが起こると、デフォルトでは以下のように英語で表示されます。

The field メールアドレス is required and must contain a value.

このページではこのメッセージの文言を日本語化する方法について解説しています。

エラーメッセージを日本語化する方法

  1. fuel/app/lang」配下に「ja」というディレクトリを作成
  2. ja」の中に「validation.php」を作成
  3.   validation.phpにエラーメッセージを登録
  4.   configファイルを修正

1 .「fuel/app/lang」配下に「ja」というディレクトリを作成

2. 「ja」の中に「validation.php」を作成

validation.phpは「fuel/core/lang/en」の中のvalidation.phpをコピーして、「ja」の中にペーストし、それを修正して使うと良いと思います。

3. validation.phpにエラーメッセージを登録

fuel/core/lang/en」の中にある、validation.phpには以下のように記述があります。

return array(
'required' => 'The field :label is required and must contain a value.',
'min_length' => 'The field :label has to contain at least :param:1 characters.',
'max_length' => 'The field :label may not contain more than :param:1 characters.',
'exact_length' => 'The field :label must contain exactly :param:1 characters.',
'match_value' => 'The field :label must contain the value :param:1.',
'match_pattern' => 'The field :label must match the pattern :param:1.',
'match_field' => 'The field :label must match the field :param:1.',
'valid_email' => 'The field :label must contain a valid email address.',
'valid_emails' => 'The field :label must contain a list of valid email addresses.',
'valid_url' => 'The field :label must contain a valid URL.',
'valid_ip' => 'The field :label must contain a valid IP address.',
'numeric_min' => 'The minimum numeric value of :label must be :param:1',
'numeric_max' => 'The maximum numeric value of :label must be :param:1',
'numeric_between' => 'The field :label must contain a numeric value between :param:1 and :param:2',
'valid_string' => 'The valid string rule :rule(:param:1) failed for field :label',
'required_with' => 'The field :label must contain a value if :param:1 contains a value.',
'valid_date' => 'The field :label must contain a valid formatted date.',
);

左側の’required’や’min_length’などはバリデーションのルールです。

そして、実際に画面に右側は出力されるエラーメッセージです。

なので、日本語化する場合は、この右側の文言を「必須入力項目です。」や「メールアドレスの形式で入力してください」といった文言に変更します。

4. configファイルを修正

fuel/app/config/」の中にある「config.php」を開きます。

中に「The default language」という項目があるので、こちらを「en」から「ja」変更します。

/**
* The default language.
*/
'language' => 'ja', // jaに変更
'language_fallback' => 'en', 

以上で、バリデーションエラーが設定した日本語の文言に変更されます。

実際にあなたが作ったプログラムで表示されるか確認してみましょう。

wFuelPHPのおすすめ書籍

created by Rinker
¥4,750 (2022/12/06 06:33:35時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA