【Xcode】Playgroundを使ってSwiftの練習や動作確認をしよう!

このページでは、Xcodeで用意されている環境「Playground」について、その使い方を簡単に紹介します。

「Playground」とは日本語で「遊び場」を意味する単語で、XcodeのPlaygroundを利用すると、開発者は自由にSwiftコードを入力でき、しかもその場ですぐに結果を確認することができます。

そのため、これからSwiftを勉強しようと思っている人はもちろん、開発中にちょっと疑問があって、検証したいなって時に役立ちます。

Playground環境を用意する

Playgroundを使うには、Playground用のプロジェクトを作る必要があります。

Xcodeを起動し、「Get started with a playground」をクリックしましょう。

playgroundのテンプレートを聞かれるので、「Blank」を選択し、「Next」をクリックします。

ファイル名を聞かれるので、好きな名前をつけて「Create」をクリックします。

今回は、「test.playground」としておきました。

これで、Swiftコードの動作確認ができるPlaygroundが作成できました。




Playgroundを使ってみる

Playgroundを開くと、次のようなコードがあらかじめ用意されています。

import UIKit

var str = "Hello, playground"

試しに、print(str)で結果を出力してみます。

画面の左端に矢印のアイコンがあるので、こちらをクリックすると、結果が表示されます。

結果は次のようになりました。

画面の右側には、行単位でprint()の結果や変数の値などが表示されます。

print()で出力しなくても変数の値が右に表示されるので、すぐに結果が確認でき効率よくSwiftの学習ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA