【Swift】UIButtonの設定まとめ(背景色、枠線、テキストカラーなど)

今回はこちらのUIButtonを例にコードで細かいボタンの設定を行う方法を紹介します。

UIButton ボタンの装飾

1. ボタンの背景色を変更する

button.backgroundColor = UIColor.orange

上記はシステムカラーを使用していますが、好きな色を使用したい場合はUIColor(red: 0.4, green: 0.4, blue: 1.0, alpha: 1.0) のようにrgbaを指定してあげれば良いです。

2. ボタンの角を丸める

button.layer.cornerRadius = 10

cornerRadiusの値が大きくなるほど角が丸くなります。

3. ボタンに枠線をつける

button.layer.borderColor = UIColor.yellow.cgColor  // 枠線の色
button.layer.borderWidth = 5.0 // 枠線の太さ

枠線の色はrgbaで好きな色を指定することも可能です。

4. 影をつける

button.layer.shadowColor = UIColor.black.cgColor // 影の色
button.layer.shadowOpacity = 0.3  //影の濃さ
button.layer.shadowRadius = 5.0 // 影のぼかし量
button.layer.shadowOffset = CGSize(width: 5.0, height: 5.0) // 影の方向



UIButton テキストの設定

1. フォントの種類やサイズを変更する

button.titleLabel?.font =  UIFont.systemFont(ofSize: 24)
button.titleLabel?.font = UIFont.boldSystemFont(ofSize: 24)
button.titleLabel?.font = UIFont.italicSystemFont(ofSize: 24)

2. テキストカラーの変更

button.setTitleColor(UIColor.yellow, for: .normal)

注意

UILabelの時とはテキストの設定方法が異なります。

3. テキストの値を設定・変更

button.setTitle("セットしたいテキスト", for: .normal)

4. テキストを複数行で表示できるようにする

button.titleLabel!.numberOfLines = 5 // 5行表示できるようになる
button.titleLabel!.numberOfLines = 0 // 最大行(Buttonの高さ)まで表示できるようになる

テキストはデフォルトでは1行しか表示できないので、複数行表示したい場合は上記のようにnumberOfLinesを使って設定します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA