iOSアプリのリリースに必要なCertificate(証明書)の作成方法

開発したiOSアプリをApp stroreで公開するにはCertificate(証明書)が必要です。

このページではそのCertificateの作成方法について解説します。

全体の流れ

全体の流れは以下の通りです。

  • 証明書要求ファイルの作成
  • Certificateの作成
  • 証明書をキーチェーンアクセスに登録

なんのこっちゃと思われた方も、これから詳しく解説していきますので、ご安心ください。

尚、作業は全てリリース予定のアプリを開発したMacの中で行う必要があります。

STEP1. 証明書要求ファイルの作成

「アプリケーション」ー「ユーティリティ」ー「キーチェーンアクセス.app を選択します。

キーチェーンアクセスが起動したら、画面上部のメニューから「キーチェーンアクセス」ー「証明書アシスタント」ー「認証局に証明書を要求を選択します。

「証明書アシスタント」のウィンドウが開くので、以下の情報を入力して「続ける」をクリックします。

項目 入力内容
ユーザーのメールアドレス Apple IDのメールアドレス
通称 任意の名前
要求の処理 ディスクに保存にチェック
鍵ペア情報を指定にチェック

ファイル「CertificateSigningRequest.certSigningRequest」の保存先を聞かれるので、好きな場所(今回はデスクトップ)を選んで「保存」をクリックします。

鍵ペア情報の画面に移動するので、鍵のサイズ「2084ビット」、アルゴリズム「RSA」を選択し「続ける」をクリックします。

以上で、指定した場所(今回はデスクトップ)にCertificateSigningRequest.certSigningReques(証明書要求ファイル)が生成されます。




STEP2. Certificateの作成

Apple Developerにログインし「Certificates, Identifiers & Profiles」ページへ移動します。

▶︎ Certificates, Identifiers & Profiles

Certificates, Identifiers & Profilesページに移動したら、「+」アイコンをクリックします。

Certificateの作成画面が開くので、iOS Distribution (App Store and Ad Hoc) を選択して「Continue」をクリックします。

MEMO

開発用のCertificateを作成したい場合は、iOS App Developmentを選択。

「Choose File」 で先ほど作成した証明書要求ファイル「CertificateSigningRequest.certSigningRequest
を選択し「Continue」をクリックします。

以上で、Certificateが作成されますので、「Download」ボタンをクリックしてファイルをダウンロードします。

STEP3. 証明書をキーチェーンアクセスに登録

最後に作成した証明書をキーチェーンアクセスへ登録します。

先ほどダウンロードした証明書をダブルクリックすればOKです。

ファイルを追加しても良いかと聞かれるので「追加」をクリックします。

キーチェーンに追加されて入れば完了です。

Certificates, Identifiers & Profilesページにもきちんと追加されています。

Certificate(証明書)の登録が終わったあとは?

次は、App IDを作成する必要があります。

作成手順は以下の記事で解説しています。

iOSアプリのリリースに必要なAPP IDsの作成方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA