iOSアプリのリリースに必要なAPP IDsの作成方法

前回「Certificateの作成方法」で証明書を作る方法について解説しましたが、今回はその続きとして「App ID」の作成方法について解説します。

App IDはXcodeが自動生成してくれることもありますが、無い場合は新規で作成する必要があります。

ちなみに、Xcodeが自動で生成した場合は名前が「XC.com….」になります。

App IDの作成

Apple Developerにログインし「Certificates, Identifiers & Profiles」ページへ移動します。

▶︎ Certificates, Identifiers & Profiles

Certificates, Identifiers & Profilesページに移動したら、左のメニュー覧から「Identifiers」をクリックしてください。

こちらのページでApp IDを作成します。

Identifiers のページへ移動したら、「+」アイコンをクリックします。

IDの新規登録ページが開くので「App IDs」を選択し「Continue」をクリックします。

タイプを聞かれるので、「App」を選択し「Continue」をクリックします。

App IDの登録画面へ移動しますので、次の項目を入力して「Continue」をクリックします。

項目 入力内容
Description 任意の名前(わかりやすいものにする)
Bundle ID Explicitを選択
IDはユニーク(他と被らない)なものを登録。Apple推奨はリバースドメイン。
リバースドメインとは?

ドメインの逆順に並べたもの。例えばあなたのドメインがhttps://taro-tokyo.comでアプリ名がSampleAppだった場合、次のようになります。

 

com.taro-tokyo.SampleApp

ドメインが無い場合は、あなたの「名前-苗字.アプリ名」で良いと思います。

アプリでApple PayなどCapabilitiesのリストにあるサービスを使っている場合はチェックを入れます。

確認画面が表示されるので、間違いがなければ「Register」をクリックして登録します。

以上で、登録完了です。

Identifiersのページにも新しくIDが追加されていることが確認できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA