【エックスサーバー】サブディレクトリにWordPressをインストールする手順

この記事を読むと・・・
  • エックスサーバー でサブディレクトリを作って新しいサイトを作ることができます。

溜まったブログの記事を別サイトに分けて運営したい」という場合に1つのやり方として、サブディレクトリを作るというやり方があります。

例えば、次のように分けるやり方です。

日記サイト
naoya-ono.com/blog

 

旅行に特化したサイト
naoya-ono.com/travel

上の例の場合「naoya-ono.com」というドメインに「blog」というディレクトリ(フォルダ)と「travel」というディレクトリを作成し、それぞれにWordPressをインストールすることで、2種類のサイトが作れるようになります。

このような「blog」や「travel」のディレクトリのことをサブディレクトリというのですが、今回はこのサブディレクトリを作って新しいサイトを作る手順について解説していきます。

サブディレクトリにWordPressをインストールする手順

設定手順

STEP1
エックスサーバー の管理画面にログインする

エックスサーバー 契約時の会員IDとパスワードを入力し「ログイン」をクリックします。

STEP2
サーバーパネルを開く

ログインできたら次に「サーバー管理」ボタンをクリックして「サーバーパネル」を開きます。

STEP3
サーバーパネルが開けたらメニュー左下にある「WordPress簡単インストール」をクリックします。

STEP4
ドメインを選択する
自分が所有しているドメイン一覧が出てくるので、今回、新しいサイトを作りたいドメインを選択します。

STEP5
WordPress簡単インストールを開く

ドメインを選択したら下のようなWordPress簡単インストール画面が開くので、「WordPressインストール」のタブをクリックします。

STEP6
新しいサイトの情報を登録

WordPressのインストール画面が表示されたら、「サイトURL」や「ブログ名」などを入力していきます。

「サイトURL」の項目には新しく作りたいサイトのURLを入力してください。

上記の例では、「travel」という名前で登録するので、WordPressのインストール後は「https://naoya-ono.com/travel」が新しいサイトのURLということになります。

 

各項目名

項目名 入力内容
サイトURL 新しいサイトのURL
ブログ名 新しいサイトのタイトル
ユーザー名 WordPressログイン時の名前
パスワード WordPressログイン時のパスワード
メールアドレス お問い合わせの通知先など
キャッシュ自動削除 「ONにする」をチェック
データベース 「自動でデータベースを生成する」をチェック
注意

サイトURLには必ず新しく作りたいサイトURLを入力してください。うっかり入力を忘れて、そのままインストールしてしまうと、今のサイトに上書きされる形でインストールされてしまいます。

 

つまり、今のサイトがなくなってしまうということです!

インストールに必要な項目が入力できたら、次の画面に進みます。

STEP7
インストールを実施

インストールの確認画面が表示されたら、内容に間違いがないことを確認し、画面右下にある「インストールする」をクリックします。

インストールが完了すると、下の画像のように完了メッセージが表示されます。

動作確認

インストールができたら、実際に新しいサイトのURLにアクセスしてみましょう。

問題なくインストールできていれば、下のような画像が表示されます。

後は、新しく作ったサイトの管理画面にログインして、使用するテーマや必要なプラグインを設定し、通常通り記事を書いていくだけです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA