【Mac】覚えておきたいターミナルの基本コマンド

Mac上でプログラミングをする際に必須のターミナル。

このターミナルを使う際に覚えておきたい基本コマンドを簡単にまとめました。

補足

今回は特に知っておきたい必須のコマンドを中心に取り上げています。

ターミナルに表示されている履歴を消す

clear

ディレクトリの情報を示す

ディレクトリ内のファイルやフォルダを表示

ls

ディレクトリ内にあるものを全て表示するコマンド。

lsは「list」の略。

下の例では「test.txt」と「text2.txt」がディレクトリ内にあることがわかる。

今いるディレクトリまでのパスを表示

ターミナルを操作していて、今いるディレクトリがどこかわからなくなった場合に使う。

pwd

ディレクトリの移動

今いるディレクトリから別のディレクトリに移動したい場合に使うコマンド。

cd 移動先のパス

cdは「change directory」の略。

今の場所(カレントディレクトリ)から一つ上の階層に移動したい場合は以下。

cd ..

ホームディレクトリに移動したい場合は、以下。

cd

ディレクトリの操作

ディレクトリの作成

mkdir ディレクトリ名

ディレクトリの削除

rm -r ディレクトリ名

注意
ディレクトリ内のファイルも全て削除されるので注意!

ファイルの操作

1. ファイルの作成

touch ファイル名

2. ファイルの削除

rm ファイル名

3. ファイルの全削除

ディレクトリ内のファイルを全て削除する。

rm *

4. ファイル名の変更

mv もとのファイル名 新しいファイル名

5. ファイル名の移動

ファイルを今のディレクトリから別のディレクトリに移動させたい時に使う。

mv ファイル名 移動先のディレクトリのパス

検索

ファイルの中に特定の文字列を含むか調べる

grep "検索したい文字列" ファイル名

特定のディレクトリの全てのファイルに対して、指定した文字列を含むかどうか調べる

grep "検索したい文字列" ディレクトリ名

下の写真の例の場合、「テスト」という文字列は「test.txt」と「test2.txt」に含まれ、「いいいい」という文字列は「test.txt」にのみ含まれていることがわかる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA