【Laravelの使い方】トップ画面を変更する方法

Laravelのトップページの画面(View)はデフォルトの場合、下のような画面が表示されます。

これをあなたが作ったViewに変更する方法を紹介します。

Laravelでトップ画面を変更する手順

先ほどのデフォルトの画面は「welcome.blade.php」を呼び出していることになるので、このViewファイルの中身を変更するか、あるいは別ファイルを用意し、ルーティングの設定を方法があります。

今回は後者の「別ファイルを用意し、ルーティングの設定を変える方法」を紹介します。

流れは以下の通り。

  1. トップ画面用のViewを用意
  2. web.phpの変更

1. トップ画面用のViewを用意

ファイル名は何でもOKです。TOP画面として表示したいViewを作成します。

ここでは「top.blade.php」としておきます。

作るのが面倒、あるいはテスト的に単に動作だけ確認したいという場合は、「welcom.blade.php」をコピー、リネームし、それ使ってもいいでしょう。

今回は以下のようなページを作成しました。

2. トップ画面用のViewを用意

TOP用のViewを作っただけでは、URLにアクセスしてもデフォルトの画面が表示されるままです。

これはルーティングの設定で、トップ画面にアクセスすると「welcome.blade.php」を呼び出すようになっているためです。

そこで、web.phpの設定を以下のように変更します。

// トップ画面を表示
Route::get('/', function () {
 return view('top');  // 変更:welcome → top
});

これで、トップページのURLにアクセスした時に「top.blade.php」が呼ばれ、あなたが作ったViewが表示されるようになります。

もし、あなたが作ったViewファイルが「top.blade.php」ではなく、別のものであれば、ルーティングの設定も return view(‘top’); ではなく、あなたが作ったViewファイル名に合わせてください。

おすすめのLaravelの書籍

created by Rinker
秀和システム
¥3,300 (2022/12/05 19:44:20時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA