【Laravelメモ】テーブル作成時に、指定できるカラムのデータ型

Laravelではマイグレーションというデータベースのバージョンを管理するための便利機能があり、これを使うことでテーブル作成や削除などが行えます。

このページでは、そのマイグレーション機能を使ってテーブルを作成するときに、指定できるカラムのデータ型についてまとめています。

指定できるカラムのデータ型

指定できるデータ型の種類はかなり多いので、よく使うデータ型を挙げると次のようになります。

コマンド 説明
$table->increments(‘カラム名’); 符号なしINTを使用した自動増分ID(主キー)
$table->integer(‘カラム名’); INT型
$table->string(‘カラム名’); VARCHAR型、255文字
$table->string(‘カラム名’, 長さ); 長さ指定のVARCHAR型
$table->text(‘カラム名’); TEXT型カラム
$table->date(‘カラム名’); 日付カラム
$table->dateTime(‘カラム名’); 日時カラム
$table->boolean(‘カラム名’); 真偽値カラム
$table->timestamp(‘カラム名’); TIMESTAMPカラム
$table->timestamps(); created_at と update_at カラム

もし、デフォルト値を指定したい場合は、次のようにdefault()メソッドをオプションとして付けて指定します。

$table->boolean('delete_flg')->default(false);

カラムのNULLを許可したい場合は、nullable()メソッドをオプションとして付けて指定します。

$table->string('name')->nullable();

基本的には上記の内容で、事足りると思いますが、他にも指定できるカラムやオプションが知りたいと言う場合は、こちらのLaravelのドキュメントが役に立ちます。

参考 マイグレーションLaravelインデックス
created by Rinker
秀和システム
¥3,300 (2022/12/05 19:44:20時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA