【FuelPHPの使い方】ViewでFormタグを生成する方法

始めに

このページは、PHPのフレームワーク「FuelPHP」の学習中の僕がメモとして残しているものです。内容に間違いがあればご連絡いただけると幸いです。

ViewでFormを生成するにはFormクラスを利用します。

Formの開始タグ・終了タグ

まず開始タグと終了タグ<form></form>を作るには次のようにForm::open()、Form::close()メソッドを使って書きます。

<?= Form::open() ?>  //開始タグ

(この中にinputやtextareaなどを記述する)

<?= Form::close() ?> //終了タグ
補足

<?=<? echo と同じ意味です。

Form::open()メソッドの引数には、文字列か配列を指定することができます。

単にフォームの送信先(action属性)だけを指定したい場合は文字列で「コントローラー名/アクション名」の形で指定し、classやmethodなど指定する項目が複数ある場合は配列を使います。

Form::open()メソッドの書き方の例
<?= Form::open('auth/login') ?>

上の場合、authコントローラーの loginアクションが呼ばれます。method属性を指定しない場合はPOST送信になります。

<?= Form::open(array('action' => 'auth/login', 'class' => 'c-form')) ?>

上記のように書いた場合、クラスは「c-form」が設定されます。

ちなみに、フォームの送信先を指定しない場合は、自身のページが送信先に指定されます。

Inputタグの書き方

Inputタグの基本の書き方は次のようになります。

<?= Form::input('name属性', 'value属性', array(クラス名やプレースホルダーなど)) ?>

「input」の部分はtypeによって、passwordやfileなどに置き換わります。

詳しくは下の表を参考にしてください。

HTMLタグ FuelPHPのメソッド
<input type=”text”> Form::input()
<input type=”password”> Form::password()
<input type=”file”> Form::file()
<input type=”checkbox”> Form::checkbox()
<input type=”radio”> Form::radio()
<input type=”hidden”> Form::hidden();
<input type=”submit”> Form::submit();
<textarea></textarea> Form::textarea();
created by Rinker
¥4,750 (2022/12/06 06:33:35時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA