Laravelでよく使うartisanコマンドまとめ

現在Laravelの勉強をしており、そのメモとしてよく使うartisanコマンドと役割をまとめておきます。

コマンドに間違いがればご指摘いただけると幸いです。

Laravelでよく使うartisanコマンド

サーバーの起動

php artisan serve

マイグレーションファイルの作成

php artisan make:migration 任意のファイル名

ファイルは/database/migrations配下に生成される。

ファイル名は「操作名_テーブル名_table」で作ることが多い。また、新規でテーブルを作成する場合は、createオプションをつける(以下サンプル)。

php artisan make:migration create_product_table --create=product

マイグレーションファイルの実行

php artisan migrate

実行後にロールバックしたい場合は、次の通り

php artisan migrate:rollback

上記は直近のマイグレーション実行前の戻したい場合に使用する。

そうではなくて、2マイグレーション前、3マイグレーション前など直前のマイグレーションよりもっと前の状態に戻したい場合はstepオプションを使う。

php artisan migrate:rollback --step=3

上記の例では3マイグレーション前に戻る。

ログイン・ログアウト・ユーザー登録用のコントローラーとビューの作成

php artisan make:auth
注意

Laravel6系からはこのコマンドは廃止。

Seederファイルの作成

seederとはテストデータを流し込むための機能を指す。

php artisan make:seeder ファイル名

このコマンドにより、/datebases/seeds配下にファイルが出来上がる。

ファイル名は何でもOKだが、わかりやすいものにする。

例えばusersテーブル用のseederであれば「UsersTableSeeder」のように。

実際に出来上がったファイルのサンプル

<?php

use Illuminate\Database\Seeder;

class UsersTableSeeder extends Seeder
{
    /**
    * Run the database seeds.
    *
    * @return void
    */
   public function run()
   {
    //
   }
}

Seederファイルの実行

php artisan db:seed --class=実行するseederファイル名

コントローラーの作成

php artisan make:controller コントローラー名

ファイルは「app/Http/Controllers」の中に生成される。

モデルの作成

php artisan make:model モデル名

ミドルウェアの作成

php artisan make:middleware ミドルウェア名

ファイルは「app/Http/Middleware」の中に生成される。

フォームリクエストの作成

php artisan make:request フォームクエスト名

ファイルは「app/Http/Requests」の中に生成される。

メールクラスの作成

php artisan make:mail メールクラス名

メール送信用のクラスを作る時に使います。


ファイルは「app/Mail」の中に生成される。

ルーティング設定の確認

php artisan route:list

設定したルーティング情報を一覧で確認できます。

「404エラー」などの原因調査の時に使います。

artisanコマンドの作成

php artisan make:command 任意の名前

バッチ処理などを自作するときに使います。

ファイルは「app/Console/Commands」の中に生成されます。

初心者におすすめのLaravelの書籍

created by Rinker
¥5,360 (2022/12/05 23:47:51時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA