【SwiftUI】Toggleの使い方まとめ!ON / OFFのスイッチを作ってみよう

Toggleビューは従来のUISwitchに該当する機能で、ON/OFFの切替をするときに使用します。

このページではこのToggleビューの使い方について解説します。

基本の書き方

struct ContentView: View {
    @State var checked = true // ① スイッチのON / OFF を管理する変数を用意
    var body: some View {
        Toggle(isOn: $checked){  // ② ON / OFFを管理
            Text(checked ? "ON" : "OFF") // ③ ラベルの表示
        }
    }
}

ON / OFFスイッチの表示するには、Toggle(isOn: $checked)のように書きます。

引数のisOnでスイッチの状態を管理し、値がTrueならON、FalseならOFFということになります。

isOnの値はスイッチをタップするたびに切り替わるので、@State等を使って変数を宣言して渡してあげればいいです。

関連記事

【SwiftUI】Textビューの使い方まとめ【SwiftUI】Imageビューの使い方まとめ【SwiftUI】TextFieldビューの使い方まとめ【SwiftUI】Buttonビューの使い方まとめ
created by Rinker
SBクリエイティブ
¥5,206 (2022/12/05 16:48:43時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA