【Swift】UIButtonの有効・無効の切替方法

このページでは、下の写真のようにUIボタンを無効にする(押せなくする)方法について解説します。

書き方

ボタンを無効にする

UIButtonの変数名.isEnabled = false

ボタンを有効にする

UIButtonの変数名.isEnabled = true

ボタンを無効にする

import UIKit

class ViewController: UIViewController {

// ボタンの変数
@IBOutlet weak var sampleButton: UIButton!

  override func viewDidLoad() {
    super.viewDidLoad()

    //ボタンを非表示にする
    sampleButton.isEnabled = false
  }
}

これで、ボタンが無効になり押せなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA