【Swift】数字をランダムに取得する方法

Swiftでランダムな数字を取得する方法

Swiftでランダムな数字を生成するには独自メソッドが用意されているので、それを使えばいいです。

書き方は次の通り。

Int.random(in: 0...10)  // 0〜10まででランダムな数字(整数)を返す
Int.random(in: 0..<10)  // 0〜9まででランダムな数字(整数)を返す
Float.random(in:0...1)  // 0〜1までで小数を返す
Bool.random()  // true or falseをランダムにに返す

上の数字を置き換えれば、取得する数字の範囲を変えることが可能です。

配列からランダムに値を取得したい場合は?

randomElement()メソッドが用意されているので、こちらを使えば簡単に取得できます。

let array = [1, 2, 3, 4, 5]
let num = array.randomElement()

randomElement()を使えば、自動で配列の数を計算して、ランダムに値を取得してくれるので、random()メソッドを使うよりも容易。

Swiftの学習におすすめの教材

Swift独学におすすめのUdemyコース

①は日本でベストセラー、②は海外(正解)でベストセラーのコースです。

どちらもやりましたが、圧倒的に②がおすすめ。

コースの内容がものすごく充実していて、説明もめちゃくちゃ詳しいです。

ただ英語なので、「英語はちょっと・・・」という人は①がいいと思います。

どちらのコースもスモールステップで簡単なものから、徐々に難しくなっていくのでコースを進めるにつれてレベルアップできるようになっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA