【Swift】エラーが出た時にアラートを表示する

バリデーションチェックなどでひっかかってエラーが出た時にアラートを表示する書き方です。

実装方法

エラー処理の中で、以下のコードを記述します。

// ① UIAlertControllerクラスのインスタンスを生成
let alert = UIAlertController(title: "タイトル", message: "メッセージ", preferredStyle: .alert)

// ②アクションの追加
alert.addAction(UIAlertAction(title: "OK", style: .default, handler: nil))

// ③アラートの表示
self.present(alert, animated: true, completion: nil)

実行結果

上のようなアラートが表示され、「OK」ボタンを押すとアラートが消えます。

タイトルやメッセージはアプリに合わせて変更してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA